神戸 徒然の記, ロッド・スチュアート
繧オ繧、繝舌・繝阪ャ繝育・樊虻繝ュ繧エ Home
ナビゲーション リンクのスキップHOME > サイバーブログ > 神戸徒然の記

神戸 徒然の記 サイバーネット神戸 公文書館

サイバーネット神戸のチームメンバーによる日々の徒然。ブログではありません。

記事の検索 (スペースで区切りでOR検索):
カテゴリ優先順 日付優先順

2009/04/07/(火) 音楽 しろぴ
ロッド・スチュアート
ロッド・スチュアートといえば、70年代から80年代を代表するロックアーチストですが、最近は「誰それ?」と言われることが多い。


私はこの時代の英国発の音楽が好きです。その理由は、楽曲がごちゃごちゃしてないから。初期のポリスやジェネシスを聞けば分かりますが、これはアンディー・サマーズのギターだな、これはフィル・コリンズのドラムだなとはっきりと聞き取れる。本当にシンプルで、アーチストの情感が伝わってくる。


こんなシンプルな楽曲にはボーカルが似合う。多重録音されサンプリングたっぷりのなかで埋もれる声とは別の世界があるように思うのだ。
(多重録音・サンプリングしまくりの曲にもいいのはあるけど、歳なのか聴いてて疲れる)


そんなロッド・スチュアートのアルバムでのおすすめは、やはり「アトランティック・クロッシング」。本格的にアメリカ合衆国での制作を開始したころのアルバムで、彼のその心情と挑戦の意気込みが出ている。プラチナセラーの「セイリング」を始めてFMラジオで聴いたときには感動したな~。初めて聴いたときから口ずさめるほどポップなのに、いまだに聴いても弾いても格好いいんだよね。最高。

近年のポップ化して赤いピチピチズボンのイメージしかない人も、これを聴けば「許す!」と思う。

感想の件数:0  / 

―これの関連記事―


―過去の記事―


―カテゴリ別―

 

ログインして下さい。



 

.NET WEBシステム開発・デザインのサイバーネット神戸です。 WEB開発では日本で一番安いです(保証)。

リンクはフリーですが、当サイトの内容の全ての著作権はサイバーネット神戸にありますよ。

©2006Sybernetwork KOBE.All rights reserved.