神戸 徒然の記, 【中耳炎の手術 鼓膜の切開 第1弾】生まれて初めての手術、可哀想(T_T)
サイバーネット神戸ロゴ Home
ナビゲーション リンクのスキップHOME > サイバーブログ > 神戸徒然の記

神戸 徒然の記 サイバーネット神戸 公文書館

サイバーネット神戸のチームメンバーによる日々の徒然。ブログではありません。

記事の検索 (スペースで区切りでOR検索):
カテゴリ優先順 日付優先順

2009/07/21/(火) 健康・医療のこと さやたん
【中耳炎の手術 鼓膜の切開 第1弾】生まれて初めての手術、可哀想(T_T)
子供が夏風邪を引きました。

今年は、高熱と下痢をする子が多いと聞きました。
ウチも同じです。40度の熱が丸4日続き、鼻水、咳、下痢でした。


ただ、小さかったためか、急性中耳炎も併発してしまい、両耳の鼓膜を切って膿を出すことになりました。
麻酔の方法は、麻酔薬を含ませたガーゼをピンセットで耳の中へ入れて、15分~20分待ちました。
その後、動けないように体にバスタオルをクルクル巻かれてママの膝で抱っこして、助手が2人がかりで押さえつけて、鼓膜切開用の先が銛のようになっているメスで穴を開け、膿を出しました。


膿を出し終えると、点耳薬を耳いっぱいに入れて、空気ポンプのような物で耳の中まで薬が行き渡るようにプシュプシュと送り込んで終了。


処置が済むと、抗菌剤を含ませたガーゼを耳に入れて、自宅でも点耳薬を日に3回のペースで投与するようにと指示されました。


もちろん、処置の間ずっと大泣きでかわいそうに思いながら押さえつけていましたが、翌日には熱が下がり始めホッとしました。
感想の件数:0  / 

―これの関連記事―


―過去の記事―


―カテゴリ別―

 

ログインして下さい。



 

.NET WEBシステム開発・デザインのサイバーネット神戸です。 WEB開発では日本で一番安いです(保証)。

リンクはフリーですが、当サイトの内容の全ての著作権はサイバーネット神戸にありますよ。

©2006Sybernetwork KOBE.All rights reserved.