神戸 徒然の記, 【中耳炎の手術 鼓膜の切開 第2弾 その後】あっという間の修復
サイバーネット神戸ロゴ Home
ナビゲーション リンクのスキップHOME > サイバーブログ > 神戸徒然の記

神戸 徒然の記 サイバーネット神戸 公文書館

サイバーネット神戸のチームメンバーによる日々の徒然。ブログではありません。

記事の検索 (スペースで区切りでOR検索):
カテゴリ優先順 日付優先順

2009/07/24/(金) 健康・医療のこと しろぴ
【中耳炎の手術 鼓膜の切開 第2弾 その後】あっという間の修復
2歳の子供が中耳炎で40度の熱!!鼓膜切開(ヒャー!)。でも2日で閉じてた(あれっ)

2歳の子供がが生まれて初めての手術をした。
中耳炎が悪化して、鼓膜を切開し膿を出す手術をしたのだ(既にこの記事は書かれている)。

執刀した耳鼻科では、医師のスコープにTVカメラがついていて、患者も先生が覗いている耳の中が3つもあるモニターに映し出される仕組みになっている。
術後の消毒の際には、鼓膜に開いた大きな穴がはっきり見え、鼓膜の向こう側の膿も白く映っていた。
穴は見た感じ、鼓膜全体の二分の一から三分の一程度のものだった。これでは耳は聞こえにくいだろうなと思った。
もちろん、憎き膿は先生が上手に吸い取ってしまう。

その後、毎日耳の消毒に通っているが、たったの3日でこの穴がふさがってしまった。
鼓膜の修復のスピードは速いと知ってはいたが、この大きさの穴がたった3日でふさがるとはびっくりであった。


まあ、その後、子供の熱は下がり、快方に向かっているが、昨日より上の子供が39度を記録!!
今週は毎日子供の看病である。私も病人なのだが。。

感想の件数:0  / 

―これの関連記事―


―過去の記事―


―カテゴリ別―

 

ログインして下さい。



 

.NET WEBシステム開発・デザインのサイバーネット神戸です。 WEB開発では日本で一番安いです(保証)。

リンクはフリーですが、当サイトの内容の全ての著作権はサイバーネット神戸にありますよ。

©2006Sybernetwork KOBE.All rights reserved.