神戸 徒然の記, 【名酒評価 主観的なお酒の感想】本田商店 大吟醸 龍力 米のささやき
繧オ繧、繝舌・繝阪ャ繝育・樊虻繝ュ繧エ Home
ナビゲーション リンクのスキップHOME > サイバーブログ > 神戸徒然の記

神戸 徒然の記 サイバーネット神戸 公文書館

サイバーネット神戸のチームメンバーによる日々の徒然。ブログではありません。

記事の検索 (スペースで区切りでOR検索):
カテゴリ優先順 日付優先順

2009/10/06/(火) 日本酒 しろぴ
【名酒評価 主観的なお酒の感想】本田商店 大吟醸 龍力 米のささやき
大吟醸 龍力 米のささやき 米のささやき 表ラベル 裏ラベル 17.5度!
大吟醸 龍力 米のささやき 米のささやき 表ラベル 裏ラベル 17.5度!
お酒を買い間違えるのを防ぐために始めたお酒の感想も、記事がこればかりだとアル中のように思われないか心配しつつ、今日もこの1本を。

再び、兵庫県産の地酒 本田商店の龍力である。今度は大吟醸である。大好きである
特Aの山田錦の大吟醸なので本当に澄み切ったようなすっきりした味わいだが、その中にもお米の香りと甘さがあり龍力らしい仕上がりになっている。

アルコール度も少し高めなので、食事に合わせてぐびぐび行くと酔いが追いつくので、少し食事のタイミングより早く食前酒のように飲むと一番美味しさが味わえるかもしれない。上品な白ワインやシェリー酒なんかに似ているので、洋食と合わせても食べれる。と言うより、ただこのお酒だけでなんのつまみも無しに味わいたいくらいだ。高級なブランデーなんかと同じように飲みたいお酒である。
実際に、車えびの刺身や時期的に秋刀魚(刺身と塩焼き)と合わせて飲んだが、知らずにこの「龍力 大吟醸」だけを飲み進み、直ぐに1本空いてしまった。何かと合わせて飲むなら、白身魚の刺身や美味しいお鮨と合わせてみたい。

これと同じ時に、別に感想を書いている生酒の「龍力ひやおろし」と同じ兵庫県でも少し北の「竹泉」を飲んだのだが、上品さは格別であった。うん万円もする北陸・東北の大吟醸にも負けないと思う。こんな良い酒が1万円もしない値段で手に入るのだから、酒用米どころ兵庫県に生まれてよかったと思う

ちなみに、龍力のお酒は一般のバーや居酒屋には置いていないことが多いので、試しに味わうことは難しいが、吟醸酒以上なら特別癖のある味でもなく、日本酒が好きな人なら絶対に損をしないパフォーマンスなので是非、1本買って飲んで見てください

感想の件数:0  / 

―これの関連記事―


―過去の記事―


―カテゴリ別―

 

ログインして下さい。



 

.NET WEBシステム開発・デザインのサイバーネット神戸です。 WEB開発では日本で一番安いです(保証)。

リンクはフリーですが、当サイトの内容の全ての著作権はサイバーネット神戸にありますよ。

©2006Sybernetwork KOBE.All rights reserved.