神戸 徒然の記, 【子供用品の評価・感想】3輪ストローラーPhil&Teds(フィル・アンド・テッズ)SportsとVibe、他のベビーカーとの比較2
繧オ繧、繝舌・繝阪ャ繝育・樊虻繝ュ繧エ Home
ナビゲーション リンクのスキップHOME > サイバーブログ > 神戸徒然の記

神戸 徒然の記 サイバーネット神戸 公文書館

サイバーネット神戸のチームメンバーによる日々の徒然。ブログではありません。

記事の検索 (スペースで区切りでOR検索):
カテゴリ優先順 日付優先順

2010/05/04/(火) 出産・育児用品について しろぴ
【子供用品の評価・感想】3輪ストローラーPhil&Teds(フィル・アンド・テッズ)SportsとVibe、他のベビーカーとの比較2
こちらの続きです

Phil&Teds Vibeの意外な事実とは。。

以前のベビーカーを処分して、いざ注文するさいに、SportsとVibeの2タイプの違いが気になって、、



Phil&Teds Vibe

どちらがより新しいのだ?  Vibeの方が新しいタイプ
値段はどれほど違いがあるの?  Vibeの方が2万円ほど高いようだ(海外の値段)
性能に違いは?、、細かく違いがある。
Sports:Vibe
フレーム 鋼:アルミ
ブレーキ なし:ハンドル部分にあり
クッション 普通:豪華
など。

そして、日本では圧倒的にVibeの扱いが少ない。


国内では情報が少ないので、海外サイトを調べるといろいろ出てきた。
海外の製品レビューサイト


その中での注目はこれ、YouTubeでのブレーキの不具合のリポート。
Phil&Teds Vibeのブレーキ装置の不具合
Vibeにはハンドルにブレーキが付いているが、これはエアバギーの最新タイプのような加減の出来るブレーキではなく。
他の機種では足元にあるような完全に車輪をロックするタイプで、坂道をブレーキを掛けながらゆっくり降りるときなどには使えない。
単に足元でごちゃごちゃ操作しなくても済むだけの話。そして、このロック機構に不具合があって、ロックが掛かりっぱなしになってしまうことがあるらしい。
報告によると、何度もロックが勝手にかかり、タイヤも予想以上に磨り減ってしまったらしい。
報告では数ヶ月でタイヤ表面がすれて下の構造が見えている。

Vibeは発売から考えてもそんなには経っていないはず(数年?)なので、どんな使い方にせよ、こんなに磨り減るのは問題である。
海外ではこのブレーキの不評は常識になっている。


早速、リボンハッカキッズに問い合わせると、直ぐにPhil&Tedsの代理店に聞いてもらった。


その回答では、これまでのVibeにはメーカーも認識している不具合があり、今年の6月を目処に改良タイプを発売する予定らしい。
そして、それまで、国内には不具合のあるタイプが流通しているので、現在流通しているVibeは買わないほうがいいらしい。


そんなこんなで、現状、3輪タイプの2人乗りストローラーを買うならPhil&TedsのSportsが唯一の選択肢である。

また、2人乗りしないならエアバギーmimiの方がいい。すでに性能は実証され、十分にこなれていて、サポートもばっちりだからだ。

そして、しばらく待てるならVibeの改良型に期待しよう。
ブレーキやハンドル部分がどのように改善されているか、またリポートします。

感想の件数:0  / 

―これの関連記事―

子供の学習用具を買う季節
ハンナフラは模様だけでない。素材へのこだわりも
Three wheel stroller confrontation Phil And Teds(Made in New Zealand) vs AirBuggy(Made in Japan)
アカチャン本舗とトイザらスについて
【子供用品の評価・感想】3輪ストローラーPhil&Teds(フィル・アンド・テッズ)Sportsとエアバギーとの比較 最終結論 これで本当の最後
【子供用品の評価・感想】3輪ストローラーPhil&Teds(フィル・アンド・テッズ)Sportsとエアバギーとの比較 最終
【子供用品の評価・感想】3輪ストローラーPhil&Teds(フィル・アンド・テッズ)SportsとVibe、エアバギーとの比較 その3
ロディーRodyでオマルかよ!!
【子供用品の評価・感想】3輪ストローラーPhil&Teds(フィル・アンドテッズ)SportsとVibe、他のベビーカーとの比較
【子供用品の評価・感想】アップリカのベビーカー AB型UN(百貨店仕様)とB型キャンディー

―過去の記事―


―カテゴリ別―

 

ログインして下さい。



 

.NET WEBシステム開発・デザインのサイバーネット神戸です。 WEB開発では日本で一番安いです(保証)。

リンクはフリーですが、当サイトの内容の全ての著作権はサイバーネット神戸にありますよ。

©2006Sybernetwork KOBE.All rights reserved.