神戸 徒然の記, 【お酒の楽しみ ワイン】シチリアのファジオFazioとチリのモランデMorande
繧オ繧、繝舌・繝阪ャ繝育・樊虻繝ュ繧エ Home
ナビゲーション リンクのスキップHOME > サイバーブログ > 神戸徒然の記

神戸 徒然の記 サイバーネット神戸 公文書館

サイバーネット神戸のチームメンバーによる日々の徒然。ブログではありません。

記事の検索 (スペースで区切りでOR検索):
カテゴリ優先順 日付優先順

2011/09/03/(土) ワイン しろぴ
【お酒の楽しみ ワイン】シチリアのファジオFazioとチリのモランデMorande
Fazioファジオ3種Fazio 古代ローマな感じシチリア固有品種Morandeモランデの白赤
Fazioファジオ3種Fazio 古代ローマな感じシチリア固有品種Morandeモランデの白赤
グランレゼルバは写真にないMorandeモランデの白赤
グランレゼルバは写真にないMorandeモランデの白赤
ファジオFAZIOもモランデMORANDEもワインのメーカーである。
大好きなメーカーである。今まで両社の作ったワインで裏切られたことはない。

ワインでは、フランスの産地統制の制度のせいで、どこのブドウかが一番品質に左右するような言い方が多い。
どこそこ地方のほにゃらら村のだれそれ畑とか。

でも、我々のような?庶民の場合、普通に飲むのはどこそこ地方程度で、同じ地方の中でもピンきりがあって、結局のところほとんど味の決め手になっていないのである。
(フランスワインの場合、地方<村<畑 と地域が限定されればされるほどより高級に、値段が高くなる)

逆に、地域を限定されたりすると、地域を越えてブレンドできないので、それぞれに特徴があってブレンドした時においしくなるようなワインは作ることは出来ない。


だから、本当にワインの質を決めるのは、AOCなどの地域ごとの格付けよりもメーカー(ブランド)だと思う。

昔は、畑の所有者=ワインの生産者というのがほとんどで、ワインの生産者は畑の最も良いブドウを自社のワインに使ってしまうので、
地域名の無いテーブルワインなどは、各生産者が使わなかったダメなブドウや熟成に失敗した原酒を集めて作っていたので、AOCにもそれなりの妥当性があった。

でも、最近は、米国、オーストラリア、南米などでも、大規模な畑で一定の品質でブドウを栽培できるので、相当の気候の変化がない限り、AOCなどの地域の格付けの無いところの方が、
自由に良い品質のブドウを選べるようになっているように思う。


前置きが長くなったが、
そんな、地域格付けに縛られないワイン生産者で、最近のお気に入りがファジオとモランデだ。


☆ファジオFAZIO
はシチリアのワイン。だから本当はイタリアのDOCによって分類されるが、なにしろDOCなので規制自体がいい加減な上に、のんびり気質のシチリアなので、あまりDOCのランクにはこだわりがあるように見えない。
(心中は不明ですが)
イタリアにもフランス同様のブドウ品種があるけど、それは逆に元々地中海沿岸で栽培されていた品種を、寒冷な気候に合わせて改良したもの。だから、本当は地中海沿岸のシチリアの方が栽培に有利。
カベルネやメルローより、さらにイタリア本土のサンジョヴェーゼなんかより、島土着のブドウがいい。
赤ならネロ・ダヴォラ(Nero DAvola)
白は カタラット(Catarratto)
シチリア島の乾いた石壁と海の塩味、磯の香などを感じる。カタラットの方がより古風な味わいでシチリアらしい。どちらも長期熟成させるようなブドウではないと思う。

そして、これらの品種のブドウを使って、最も安くおいしくワインを作ってくれるのがファジオFAZIO。

去年、阪神・阪急百貨店でイタリアだかシチリアだかのフェアがあった時にはまだ無名のだったようで、ワインの試飲ブースもがら空きでしたが、今年になってブレイク。試飲会でも大人気です。
古風なワインなので、案外和食にも合います。逆に強力な匂いのチーズには負けてしまう。
・おいしいオリーブオイルでニンニクをきかせたペペロンチーノ、バジルソースで一味追加で、具材は夏野菜。
・野菜のメインはイタリア風野菜炒め。パプリカ、茄子、トウモロコシ、などなどオリーブオイルで炒めてちょびっとビネガーとレモン、バジルを散らして仕上げる。
・トマトスープ
スローライフの南イタリアな感じたっぷりの食事を楽しめます。


☆モランデ
モランデも各種の品種、グレードで作っていますが、「この生産者なら大丈夫」と信頼できるメーカーです。
チリワインではミゲル・トーレスやモンテスがお手頃価格で美味しかったのですが、人気のせいか、「それなりの価格で」美味しいになっている。
だから、最近、アウトレットでグラン・レゼルバを見つけたので何本か購入した。

チリワインでは、シャルドネやカベルネなんかの本格的なブドウがいい。値段からは信じられないほど品格がある。深みがある。

産地統制がないぶん、メーカーの頑張りだけで十分においしいワインが作れることの証明ですね。

グラン・レゼルバのシャルドネを飲んだ。
とても旨い。和食にもよく合う。酸味がはっきりしているので、夏に飲みやすいと個人的に思っている。
安いシャルドネも十分に旨いので、これでも良い。

また、メルローなどの赤もいい。どちらかというとすっきりしているので、どんな料理にも合う。
もちろん、牛タンのシチュー、フロムダンベール・チーズだと最高。


ファジオとモランデ、信頼できるメーカーです。


感想の件数:0  / 

―これの関連記事―

【名酒評価 主観的なお酒の感想】十分高級ワイン3本セット シャンパン、ナパ・ヴァレーの赤、クラウディーベイの白
Fazio(ファジオ)社のシチリアワインのめっけもの。カタラット、ネロ・ダヴォラ
【名酒評価 主観的なお酒の感想】デープス・ドルンフェルダー No1 赤 Debus Dornfelder No1 2008
カンツェラー アウスレーゼ Kanzler Auslese Rheinhessen 2005 Schales
【名酒評価 主観的なお酒の感想】イタリア・サルディーニャの千円台実力派ワイン ビンジャス、タンカス
【名酒評価 主観的なお酒の感想】バロン・フィリップ・ド・ロスチャイルドのチリワインたち
【名酒評価 主観的なお酒の感想】ハーディー ウームー シラーズ 2008
【名酒評価 主観的なお酒の感想】JPシェネ プルミエ カベルネ・ソーヴィニヨン 2008
【名酒評価 主観的なお酒の感想】ミゲルトーレス サンタディグナ ソーヴィニヨンブラン レゼルバ2008
【名酒評価 主観的なお酒の感想】レ・マッキオーレ ボルゲリ・ロッソ 2007
【名酒評価 主観的なお酒の感想】イスラ デ マイポ カベルネ・ソーヴィニヨン 2007
【名酒評価 主観的なお酒の感想】モンテス アルファ ピノノアール 2007
【名酒評価 主観的なお酒の感想】ミゲルトーレス サンタディグナ カベルネソーヴィニヨン レゼルバ2007
【名酒評価 主観的なお酒の感想】モーゼル ローゼン・ブラザース リースリング Q.b.A. 2007
【名酒評価 主観的なお酒の感想】CKモンタヴィ カベルネ・メルロ 2004
【名酒評価 主観的なお酒の感想】千円イタリアワイン ファレスコ・ブロ・ラツィオ・ロッソ Falesco Bro 2006
【名酒評価 主観的なお酒の感想】 ドメーヌ・ド・グラビエウ 2008 Domaine de Grabieou 2008
【名酒評価 主観的なお酒の感想】やっぱりこんなものか CHル・グランムーラン 2005
【名酒評価 主観的なお酒の感想】キャンティの反撃 ピッチーニ セレツィオーネ・オーロ レゼルバ
Montys Hill(モンティーズ・ヒル) シラーズ・カベルネソーヴィニヨン 成城石井
【名酒評価 主観的なお酒の感想】梅田の阪神百貨店で神戸RoteRoseがAuler(アオラー)のリースリングを売っていた

―過去の記事―


―カテゴリ別―

 

ログインして下さい。



 

.NET WEBシステム開発・デザインのサイバーネット神戸です。 WEB開発では日本で一番安いです(保証)。

リンクはフリーですが、当サイトの内容の全ての著作権はサイバーネット神戸にありますよ。

©2006Sybernetwork KOBE.All rights reserved.