神戸 徒然の記, 久々に硬派の軍事論「特攻というシステムについて」
繧オ繧、繝舌・繝阪ャ繝育・樊虻繝ュ繧エ Home
ナビゲーション リンクのスキップHOME > サイバーブログ > 神戸徒然の記

神戸 徒然の記 サイバーネット神戸 公文書館

サイバーネット神戸のチームメンバーによる日々の徒然。ブログではありません。

記事の検索 (スペースで区切りでOR検索):
カテゴリ優先順 日付優先順

2014/02/13/(木) ミニタリー しろぴ
久々に硬派の軍事論「特攻というシステムについて」
久々に硬派な記事を書いた。

とかく日本のメディアは軍事に関して素人っぽい。

米軍のミニタリーレポートなどを見ると軍事に関して詳しく理性的に論じている。

米軍は特別にしても、大戦を経験した軍事大国にはある程度の軍事に関する理解力は必要である。

第二次大戦後は米ソの特別の軍事大国が軍事力で突出していたために日本には関係のない事項という認識があるが、2度の大戦に主役として参戦し、現在も世界で有数の軍事力を有する国の国民として責任ある監視が必要なのだ。

特攻というシステムについて

感想の件数:0  / 

―これの関連記事―


―過去の記事―


―カテゴリ別―

 

ログインして下さい。



 

.NET WEBシステム開発・デザインのサイバーネット神戸です。 WEB開発では日本で一番安いです(保証)。

リンクはフリーですが、当サイトの内容の全ての著作権はサイバーネット神戸にありますよ。

©2006Sybernetwork KOBE.All rights reserved.