神戸 徒然の記, 大阪市の解体が政局だけで決まるのに反対その3
繧オ繧、繝舌・繝阪ャ繝育・樊虻繝ュ繧エ Home
ナビゲーション リンクのスキップHOME > サイバーブログ > 神戸徒然の記

神戸 徒然の記 サイバーネット神戸 公文書館

サイバーネット神戸のチームメンバーによる日々の徒然。ブログではありません。

記事の検索 (スペースで区切りでOR検索):
カテゴリ優先順 日付優先順

2015/04/15/(水) 世事に一言 しろぴ
大阪市の解体が政局だけで決まるのに反対その3
大阪府議会議員選挙結果 2015年4月大阪市議会議員選挙結果 2015年4月
大阪府議会議員選挙結果 2015年4月大阪市議会議員選挙結果 2015年4月
大阪市の解体が政局だけで決まるのに反対その3

大阪市議会議員選挙と大阪府議会議員選挙が4月12日にありました。

相変わらずの低投票率で、市民の無関心さに呆れかえります。

大阪市を解体した場合、唯一の大阪の立法府となる府議会で大阪維新の会は第一党で、公明党と合わせると過半数を維持できます。維新の会にとっては予定通りでしょう。

しかし、大阪市民は大阪市の解体について本気で考えた結果、投票した、あるいは、しなかったのでしょうか?

大阪市民は、大阪市と堺市に住むならどちらが良いと思っていますか?
なぜ今大阪市に住んでいますか?
鶴見区なら、すぐ隣に東大阪市や門真市がありますが、なぜ不動産相場も安い東大阪市や門真市に住まず、大阪市内に住んでいるのでしょうか?

決して、大阪市に住むのは楽ではないはずです。
家賃は高く、自動車の駐車場を探すのも大変、駐輪場もほとんどが有料です。
それなのに大阪に住んでいるのです。

そんな大阪市民の選択の理由は?
その一つはプライドではないでしょうか。

枚方市民、門真市民、堺市民でなく、大阪市民
キタとミナミがあって、中之島や心斎橋のある大阪市。

それなりのプライオリティがあるから大阪市を選んでいるのではないですか。

それなのに、大阪府下の一律の行政体に組み込まれ、門真市や東大阪市と同じような道路整備状態になり、学校は市内域から削減され、市民プールや公園は大きな5区を単位にするのでかなり減るでしょう。

I am an Osaka citizen.
私は大阪市民です。だから大阪市の解体(都構想)に反対です。


大阪市の解体が政局だけで決まるのに反対 その1

大阪市の解体が政局だけで決まるのに反対 その2

大阪都構想住民投票「よう分からんから投票に行かない」って?!


感想の件数:0  / 

―これの関連記事―

最近の軍事力増強について、軍事戦略においては正解、しかし政府の言いなりなのが心配
またまた自衛隊関連記事 韓国海軍 射撃管制レーダー照射
海上自衛隊、念願の空母装備へ前進 いずも型DDH+F-35B
テロとの戦いが終わらない理由
【戦争と平和】沖縄での戦い
安保法制の整備を憲法議論なしで済ませてしまうアウトローたち
大阪都構想 大阪市の解体が政局だけで決まるのに反対その2
大阪都構想住民投票「よう分からんから投票に行かない」って?!
大阪都構想 大阪府市の統合が政局だけで決まるのに反対
イスラム世界との文明の衝突? まやかしの文明論 2
イスラム世界との文明の衝突? まやかしの文明論 1
「つながる」時代の孤独が社会を蝕む 3
「つながる」時代の孤独が社会を蝕む 2
「つながる」時代の孤独が社会を蝕む 1
愚かな安全保障政策にあきれた
大阪市鶴見区での火事で消防ヘリが出動していた
少数意見ですが、小沢氏と全日空機について
【次期戦闘機FX】おそらくボーイングFA18スーパーホーネット
【大阪府知事・市長選挙】結局、みんな権力が大事なのね、維新の会、橋本知事
【大阪市長・府知事選挙11月27日】「大阪都」って嫌です
公約を守らないのはあかんやろ、民主党の菅とか鳩山とか
赦しのこころの偉大さ 神戸連続児童殺傷事件の遺族への手紙
訓練(レース)熱心なカウペンスとジョン・S・マケインへの謂れ無き批判
大阪市営バス 赤バスの廃止に絶対反対、だって区役所に行けないぞ
反捕鯨活動団体 シー・シェパードの抗議行動に共感している
裁判員裁判 冤罪の責任なすりつけになるかも
こんな仕事があるの! 恋愛トラップ 男女を別れさせる仕事
小さな犬小屋の可哀想な犬 飼育放棄の虐待
税金が保険料が高い!選挙で仕返しや!
乳幼児医療保険
物価
インド
携帯の有料コンテンツに怒り
年賀状
火事
ミント神戸
税金!
夏ですね
ワールドカップ残念

―過去の記事―


―カテゴリ別―

 

ログインして下さい。



 

.NET WEBシステム開発・デザインのサイバーネット神戸です。 WEB開発では日本で一番安いです(保証)。

リンクはフリーですが、当サイトの内容の全ての著作権はサイバーネット神戸にありますよ。

©2006Sybernetwork KOBE.All rights reserved.