神戸 徒然の記, Walking Dead Season6 ウォーキング・デッド シーズン6 グレンが死んだ?!
サイバーネット神戸ロゴ Home
ナビゲーション リンクのスキップHOME > サイバーブログ > 神戸徒然の記

神戸 徒然の記 サイバーネット神戸 公文書館

サイバーネット神戸のチームメンバーによる日々の徒然。ブログではありません。

記事の検索 (スペースで区切りでOR検索):
カテゴリ優先順 日付優先順

2015/10/29/(木) ドラマ しろぴ
Walking Dead Season6 ウォーキング・デッド シーズン6 グレンが死んだ?!
Steven Yeunスティーヴン・ユァン劇中 グレン役
Steven Yeunスティーヴン・ユァン劇中 グレン役
ウォーキング・デッド シーズン6の第3話で衝撃のシーンが!!

Steven Yeunスティーヴン・ユァン演じる、ウォーキング・デッド中一番のナイス・ガイ&東洋系(韓国系)のグレン・リーがゾンビに食われて死んでしまう!!!

エッーーーーと叫んだ人は多いでしょう。

臆病者のニコラスとともにゾンビを引き付けるために走り回っていたが、とうとう追い詰められ、ごみ置き場の上で立ち往生する。
これまでもグレンにあった、絶体絶命の場面である。
ニコラスはあきらめてしまい、ゾンビに食べられるくらいなら死んだ方がましと、拳銃で頭を打ち抜いて自殺。ごみ置き場から落ちる。
それは勝手にしてくれという感じだが、ニコラスを勇気づけようと体をつかんでいたグレンまで一緒にゾンビの群れに落ちてしまうのだ。
ワーーーッ!

まあ、普通に考えれば死んだわ。

でも、
でも、
どうやら、本当は生きているらしい。

主人公リックや主婦キャロルが冷酷な殺人者になっていくなか、唯一の「善い人」グレンはドラマ全体のバランスに重要だ。
また、原作コミックでもゾンビに食われて死んでいない。
スティーヴン・ユァン自身、衝撃的な展開とは言ったが、さよならとは言っていない。

これまで何度も絶体絶命の窮地を脱してきたグレンだけあって、今回もなんとか脱出するのではと推測されている。

ウォーキング・デッドはAMC制作のオンデマンド放送用ドラマで、インターネット配信も行っているので、制作されてから放送までの期間が短い。
だから、放送時の視聴者の反応を見つつ、脚本を手直ししつつシリーズを制作しているため、本当のストーリー展開は米国の情報筋にも流れていない。
そのため、絶対とは言い切れないが、現時点での私の推測では、

【 #グレンは生きている 】

ということだ


感想の件数:0  / 

―これの関連記事―

Mr Robot ミスター ロボット Amazon製作のドラマ 【ネタバレあり】
ドラマOutlanderアウトランダー 少女漫画ばりのストーリー シーズン1ネタバレあり
【海外ドラマ】Law And Order SVU ファイナルへむけて オリビアの手腕
NEW GIRL ダサかわ女子と三銃士でプリンスが共演、歌も披露
思いつき海外ドラマTOP10
トップ・オブ・ザ・レイク 消えた少女【ネタバレのあらすじあり】
海外ドラマ「Glee」のシーズン4 第18話が凄かった
Googleのタイトル画面に使われているスタートレックのエピソード
デクスター シーズン6開始 デクスター兄妹は実は夫婦(ネタバレのあらすじあり)
THE KILLING 闇に眠る美少女 犯人は市長候補やった
【ドラマ・Sex and The City】セックス・アンド・シティは女の子のおとぎ話
Dr.House シーズン5とかアンバー役のアン・デュデクの活躍
【海外ドラマ Law and Order Criminal Intent】 各シーズンごとキャスト表、本作ローガン刑事登場、ディーキンス警部顔面麻痺で降板
【海外ドラマ】Law And Order SVU キャボット検事補復帰も、検事役はゲスト扱い、シャロン・ストーンも検事役で出演
【海外ドラマ】Law And Order:性犯罪特捜班(SVU) シーズン8にワイヤーのオマール出演、ダコタ・ファニングの妹も
Dr.House の本当のネタバレのみ ハウスとカディはどうなる 修正版
Gleeのゲストにブリトニー・スピアーズが出ている場面
Dr.House season5と6の本当のあらすじ(ネタバレ注意)
女捜査官グレース 天使の保護観察中 近年まれに見る傑作ドラマ
【海外ドラマ】 プリズンブレイクのサラに関する面白い記事
ビバヒルのスピンオフ「90210」でブレンダ(シャナン・ドハーティー)が帰ってきた!

―過去の記事―


―カテゴリ別―

 

ログインして下さい。



 

.NET WEBシステム開発・デザインのサイバーネット神戸です。 WEB開発では日本で一番安いです(保証)。

リンクはフリーですが、当サイトの内容の全ての著作権はサイバーネット神戸にありますよ。

©2006Sybernetwork KOBE.All rights reserved.