神戸 徒然の記, 灯油の給油ポンプのホースを修理した
繧オ繧、繝舌・繝阪ャ繝育・樊虻繝ュ繧エ Home
ナビゲーション リンクのスキップHOME > サイバーブログ > 神戸徒然の記

神戸 徒然の記 サイバーネット神戸 公文書館

サイバーネット神戸のチームメンバーによる日々の徒然。ブログではありません。

記事の検索 (スペースで区切りでOR検索):
カテゴリ優先順 日付優先順

2019/02/10/(日) 家庭用品・家電 しろぴ
灯油の給油ポンプのホースを修理した
refueling_hose_01refueling_hose_02修理後
refueling_hose_01refueling_hose_02修理後
夏の日差しで傷んだ灯油給油用のポンプホースを修理した。

給油ポンプはベランダに置きっぱなしなので、夏場の紫外線でホースが傷み、
給油しようとすると、ジャバラの折り目から灯油が漏れ出てくるようになった。

修理するには、このホースの部分を取り替えるのだ。

普通のパフパフ式(サイホン式)の給油ホースなら100円で売っているので、
そのホースを取り外して使う。

普通の給油ホースはプラをはめこんで、数点熱で溶着しているだけなので、
溶着されている部分をカッターで隙間から切り離せばすぐに外すことが出来る。

元は自動ストップ機能があるものだったが、ホースとセンサーが一体となっているので、
そのままだとホースを取り替えられないので、自動給油ストップ機能は取り外す。

センサーへの配線を切って、スイッチへ戻すとスイッチだけで操作できるようになる。

後は給油側のホースをカシメているプラのリングをマイナスドライバーで外して、
新しいホースを取り付ける。

こうやって毎年100円で修理しています。

元々自動ストップ機能のないポンプだと余計な手間は要らないし、
今でもポフポフ式を使うなら無用な作業です。
感想の件数:0  / 

―これの関連記事―


―過去の記事―


―カテゴリ別―

 

ログインして下さい。



 

.NET WEBシステム開発・デザインのサイバーネット神戸です。 WEB開発では日本で一番安いです(保証)。

リンクはフリーですが、当サイトの内容の全ての著作権はサイバーネット神戸にありますよ。

©2006Sybernetwork KOBE.All rights reserved.