神戸 徒然の記, エアフェスタ浜松2018 ブルーインパルスの美しい飛行演技
繧オ繧、繝舌・繝阪ャ繝育・樊虻繝ュ繧エ Home
ナビゲーション リンクのスキップHOME > サイバーブログ > 神戸徒然の記

神戸 徒然の記 サイバーネット神戸 公文書館

サイバーネット神戸のチームメンバーによる日々の徒然。ブログではありません。

記事の検索 (スペースで区切りでOR検索):
カテゴリ優先順 日付優先順

2019/02/24/(日) ミニタリー しろぴ
エアフェスタ浜松2018 ブルーインパルスの美しい飛行演技
ブルーインパルスの編隊飛行大きくロールするE-767UH-60Jからのラぺリング空に描かれたハートとキューピッドの矢
ブルーインパルスの編隊飛行大きくロールするE-767UH-60Jからのラぺリング空に描かれたハートとキューピッドの矢
エアフェスタ浜松2018 ブルーインパルス
2018年11月24日、
エアフェスタ浜松、航空自衛隊・浜松基地の航空ショーの事前練習を見に行ってきました。

ソース元となるミリタリー専門サイト ミリタリー・ドット・サイバーネット

事前練習なので、他基地からの招待機は来訪していませんが、ブルーインパルスの演目は本番と全く同じです。

当日は快晴で航空ショーにはぴったりの天気で、ブルーインパルスの青白の機体が空の色と一体となって美しく映え、スモークがきれいに描かれていました。

ブルーインパルスのT-4はコンパクトなので、米国のサンダーバーズF-16やブルーエンジェルスF-18に比べると迫力には欠けるものの、演技自体がコンパクトにまとめられ、見るものから近い位置で全部が完了するので、スリル満点で、とても見やすい。
編隊飛行や相対接近などの密度も高く、見ていてハラハラさせられます。

まあ、内容は言葉よりも動画(Youtube)と写真の方が分かりやすいですね。

出場機体
T-4 ブルーインパルスと練習機
E-767早期警戒機
KC-767空中給油機
C-2輸送機
UH-60J捜索救難ヘリ
U-125A多目的機
T-400双発練習機

主な演目
浜松基地所属 T-4 飛行
C-2 飛行 招待客搭乗
E-767 飛行 360度旋回
KC-767 飛行
UH-60J 飛行
U-125A 飛行 UH-60Jと救助訓練・ラペリング(懸垂下降)
ブルーインパルス 演技



ブルーインパルスの演技は視程も最高のランクで、全演目を実施(第一区分)、特にスタークロスやキューピッドなどスモークで空に航跡を描く演目は最高に絵になりました。

また、演技正面から見ることが出来たので、オポジットコンティニュアスロールなどの滑走路上ですれ違う演技などは、機体同士が間近に見えてスリリングでした。


浜松基地はE-767とKC-767の配備基地でもあるので、大型機の飛行演技が見られるのも特徴。E-767が滑走路上空で360度旋回するのも迫力があって良かった。

UH-60Jのような高性能ヘリが捜索救難ヘリとして配備されているのを見ると、近年の自衛隊の兵力増強ぶりが良く分かる。
前にエアフェスタに来た時にはまだCH-46を使っていた。タンデムローターで難所の狭い場所では救難が難しい機体でした。
今のUH-60Jはラペリングの安定性も抜群で、ホバリング位置はほとんど動いていなかった。こういった支援機にも高性能な機体が配備されていることが自衛隊の能力の証明になるだろう。
但し、国防力は相対的なものなので、軍備の増強だけで国家が安全になる訳ではない。中国は自衛隊とは比較にならないレベルの増強ぶりだからだ。
でも、正面装備(戦闘機)ばかりに目を向けず、サポート戦力を充実させるのは、自衛隊の総合的なパワーアップにつながる。軍事作戦だけでなく、平時の警戒・情報収集、災害時の対応力、テロ対応などに役立ち、危機を戦争にさせない力の向上として評価できるだろう。

ソース元となるミリタリー専門サイト ミリタリー・ドット・サイバーネット





感想の件数:0  / 

―これの関連記事―


―過去の記事―


―カテゴリ別―

 

ログインして下さい。



 

.NET WEBシステム開発・デザインのサイバーネット神戸です。 WEB開発では日本で一番安いです(保証)。

リンクはフリーですが、当サイトの内容の全ての著作権はサイバーネット神戸にありますよ。

©2006Sybernetwork KOBE.All rights reserved.