神戸 徒然の記, 芥川龍之介著『蜜柑』
繧オ繧、繝舌・繝阪ャ繝育・樊虻繝ュ繧エ Home
ナビゲーション リンクのスキップHOME > サイバーブログ > 神戸徒然の記

神戸 徒然の記 サイバーネット神戸 公文書館

サイバーネット神戸のチームメンバーによる日々の徒然。ブログではありません。

記事の検索 (スペースで区切りでOR検索):
カテゴリ優先順 日付優先順

2007/02/03/(土) さやたん
芥川龍之介著『蜜柑』
芥川龍之介の短編小説『蜜柑』を読みました。
芥川の小説は教科書でもよく取り上げられますが、どの小説も印象に深いものが有りますね。


  芥川龍之介全集〈3〉
今回読んだ『蜜柑』は電車の3等車両で乗り合わせた紳士と田舎娘の何でもない出会いと、紳士の心の情景を描いたストーリーですが、
小説の中はどの箇所も風景、雰囲気、気持ちなどがはっきりと伝わって来て、自分も同じ車両で光景を見守る一人の乗客のような気持ちにさせられます。
読後感は、爽やかな気持ちの良い話だったときっと誰もが感じるのではないでしょうか?


感想の件数:0  / 

―これの関連記事―


―過去の記事―


―カテゴリ別―

 

ログインして下さい。



 

.NET WEBシステム開発・デザインのサイバーネット神戸です。 WEB開発では日本で一番安いです(保証)。

リンクはフリーですが、当サイトの内容の全ての著作権はサイバーネット神戸にありますよ。

©2006Sybernetwork KOBE.All rights reserved.