神戸 徒然の記, 銀の匙
繧オ繧、繝舌・繝阪ャ繝育・樊虻繝ュ繧エ Home
ナビゲーション リンクのスキップHOME > サイバーブログ > 神戸徒然の記

神戸 徒然の記 サイバーネット神戸 公文書館

サイバーネット神戸のチームメンバーによる日々の徒然。ブログではありません。

記事の検索 (スペースで区切りでOR検索):
カテゴリ優先順 日付優先順

2007/08/04/(土) さやたん
銀の匙

子供の頃から『銀の匙』は読むように言われて来ましたが、やっと読む機会を得ました。
 読んでみるまでどのような内容の本なのか全く知らずにいたので、こんなに勧められるのだから切ない感動ものの本なのかな?などと勝手に想像していました。


 実際に読んでみて感じたことは、少年がその時々に綴ったように感じられるような、少年の透き通った目に映った光景、情景、心情が語られているように思いとても気持ちの良い読後感を味わいました。小説としては未完の作品であっても十分心に染みる物があり、名作とはこう言う作品を指すのだと感じました。
 『銀の匙』は夏目漱石が絶賛したと言われていますが、さすがに夏目漱石ですね。

感想の件数:1  / 

―これの関連記事―


―過去の記事―


―カテゴリ別―

 

ログインして下さい。



 

.NET WEBシステム開発・デザインのサイバーネット神戸です。 WEB開発では日本で一番安いです(保証)。

リンクはフリーですが、当サイトの内容の全ての著作権はサイバーネット神戸にありますよ。

©2006Sybernetwork KOBE.All rights reserved.